沖縄県に衆議院議員総選挙法改正が取りいれられるまで

選挙制度は今や普通に行われている制度ですが、この衆議院議員総選挙法改正制度を取り入れるまで沖縄は長い時が必要になりました。

どのような歩みだったかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ryukyu-historyレクタングル中




日本の衆議院議員制度はどのように始まったか。

1889年に帯日本帝国憲法発布により、日本の政治の動かし方は旧体制の政治から一気に変わりました。

そして立法機能を果たす点で一つとして帝国議会が設置されるようになり、議会を構成する両院の一つとして衆議院が置かれます。

この衆議院は社会の上層部の代表として構成された貴族委員と違い一般の民衆の代表によって構成されている議員です。

そのため衆議院議員を集めるため1890年に選挙が実施され、その後、衆議院議員が選ばれて政治に一般市民が参加できるようになります。

選挙の方法ですが、今の時代と違って選挙権を得るのは難しく最初は一定の財産を持つ男子のみ、つまりお金持ちの男性のみが選挙権がありました。

しかし1900年には財産資格の制限が緩和されてより多くの男性が選挙権を得るようになり、1925年の普通選挙制度が確立しすべての男子のみに選挙権が与えられました。

女性が選挙権を得られるようになるのは、第二次世界大戦後の1945年からです。

このように衆議院議員総選挙法改正は長い年月をかけて改正されていきました。

沖縄県の議員総選挙法改正は?

沖縄県は1879年に沖縄に変えられた後、新制度の確立が日本本土に比べてだいぶ遅れていました。

1889年に衆議院議員が設置されたころ、沖縄は人頭税などの旧制度に悩んでおり、選挙制度を取り入れる以前の問題が数多く残っていました。

1899年以降、新制度が取り入れられていき、1909年には県会議員の選挙が行われるようになりました。

1879年に東京府会が行われていることから、30年遅れて創設されたことになります。

その後も沖縄の制度は町村制度が1920年に行われるなど、改正が日本の本土より遅れていきましたが、徐々に日本の本土と同じ制度を受けることができるようになっていきました。

まとめ

日本は1889年に衆議院議員が設置され、その後いくらかの衆議院議員総選挙法改正をしながら1945年に女性も選挙権が与えられるようになりました。

沖縄は1889年、旧制度の改革に奮闘していましたが、1909年に県会議員の選挙が行われるなど、日本本土より遅れて選挙の導入もされました。

スポンサーリンク
ryukyu-historyレクタングル中




ryukyu-historyレクタングル中




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする