沖縄県土地整理法施行について

沖縄は昔琉球とよばれていましたが、琉球時代には土地は琉球の政府が直接扱っていました。

しかし琉球が日本の領土となり、沖縄と改名されてからは日本の制度により沖縄県土地整理法施行がなされていきます。

どのようになされていったかご紹介します。

スポンサーリンク
ryukyu-historyレクタングル中




沖縄県土地整理法施行はどんなものがあったか

沖縄県土地整理法施行は明治32年の1899年に制定され1903年には完了することができました。

沖縄は日本の本土よりも政策が遅れていたこともあり、なかなか新しい法案を決定したり、施行したりするのもうまくはいきませんでした。

沖縄県土地整理法施行の代表的なものとして地租改正もあります。

日本では明治になってすぐに地租改正が始められていましたが、沖縄は日本で施行した役20年後にこの政策を始めたので、いかに遅れていたかがわかります。

土地を分けたりする中で、当然不服を申す人もいたと思いますが、当時の沖縄の県知事奈良原繁の権力もあり、反対派の力を抑えて、沖縄県土地整理法施行の業務が早く進み5年という年月で完了したともいえます。

沖縄県土地整理法施行が完了して、沖縄は日本の領土となったということができると思います。

その後の沖縄の土地について

沖縄県土地整理法施行が完了しての十数年後、日本はアメリカと戦争をして敗れました。

その後に沖縄はアメリカに占領されますが、アメリカ軍は沖縄住民の財産権を尊重したことで、すべての土地所有権に関しての調査を行う権限が与えられました。

土地の測量などを通して、土地調査が進められていきましたが、一回目は正確にできなかったこともあり、再度やり直して土地の調査をおこなっていきました。

土地調査を綿密に行っていった結果、1970年代には70パーセントの調査をおえることができました。

沖縄は戦争のせいで、自分の土地を大ダメージを受ける結果となりましたが、アメリカ軍が沖縄の財産権を許し、土地調査を行うことができたおかげで、経済や政治も比較的に早く回復することができたといえます。

まとめ

沖縄は明治時代は日本の本土よりも政策が遅れていました。

しかし第二次世界大戦終了後はアメリカの援助もあり、復興を早く完了することができたといえます。

スポンサーリンク
ryukyu-historyレクタングル中




ryukyu-historyレクタングル中




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする